気になる脇の黒ずみ。豆乳ローションで解消できるの?

黒ずみは自己処理が引き起こす代表的トラブル

カミソリ、シェーバー、毛抜きを使って脇の処理をしていると、どうしても「黒ずみ」が発生して、処理しているのに汚い脇になってしまいます。

 

その原因は、皮膚への過剰な刺激。

 

皮膚の中のメラニン色素が大量に作られてしまうことから、脇の黒ずみが起こります。

 

この黒ずみの原因となっているメラニン色素は、本来お肌が傷つくのを防ぐ目的で作られるものです。紫外線を沢山浴びて日焼けをすると肌が黒くなるのも、紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素が大量に作られた結果なんです。

 

豆乳ローションには、新陳代謝を活性化する2次的働きもあると言われています。その働きをしてくれるのが「大豆イソフラボン」です

 

新陳代謝がよくなれば、当然ながらお肌のターンオーバーも積極的に行われるので、お肌が生まれ変わるのを手助けしてくれます。

 

その結果、黒ずんでしまった肌も新しく綺麗なお肌に生まれ変われるんですね。

 

また、イソフラボンには美白効果も期待できるので、黒ずみで困っているお肌に最適なケア方法と言えます。

 

豆乳ローションは全身に使えるので、脇以外でも気になる黒ずみ部分に使えるのが嬉しいですよね。

 

まずは黒ずみの原因を見直すことも大事

豆乳ローションで黒ずみケアはできますが、黒ずみが起こる原因を作っているのは自分自身であるということを再認識しておく必要があります。

 

無駄毛の自己処理で肌を傷つけてしまったり、黒ずみの原因になったりと、自分では綺麗になろうと思ってやっている事が、実は結果的に肌を汚くしてしまっていることもよくあります。

 

豆乳ローションは速効性があるものではないので、除毛効果にしても黒ずみ解消効果にしても、使ったから1週間後には綺麗になっているわけではありません。

 

数ヶ月の間、根気よく使い続けて初めてその効果が発揮されるものです。

 

その間、ちょっとずつですが確実にお肌は綺麗になっていきますが、その効果をすぐには体感できないので、途中でやめてしまう人も多いのが現実です。

 

あなたは数ヶ月間、中々見えてこない効果に我慢しながら使い続けることはできますか?
大半の人は「・・・どうだろう」と躊躇してしまうはずです。

 

黒ずみが出来るのは大して時間は掛かりませんが、元通りの状態に戻すのには時間が掛かります。

 

だからこそ、黒ずみの原因となる日ごろの肌ケアを見直すことが大切なんです。


このページの先頭へ戻る